行政書士船場事務所

0662240886
営業時間9:00- 18:00 土日祝休み

21.建設業許可の29種類の業種 しゅんせつ工事業、板金工事業

column
船場事務所 » コラム » 各種建設業許可申請 » 21.建設業許可の29種類の業種 しゅんせつ工事業、板金工事業

21.建設業許可の29種類の業種 しゅんせつ工事業、板金工事業

2020年12月23日
21.建設業許可の29種類の業種 しゅんせつ工事業、板金工事業

建設業許可の29種類の業種 しゅんせつ工事業、板金工事業

 

しゅんせつ工事業  

しゅんせつ工事業とは、河川、港湾等の水底をしゅんせつする工事のことをいいます。

漢字では「浚渫」と書き、港湾・河川・運河などの底面を浚(さら)って、土砂などを取り去る土木工事のことを言います。

「しゅんせつ」は、河川部においては、上流からの堆積土砂のため川底が浅くなり、河川の流量が確保できなくなることから土砂を取り除き水深の維持をするために行われることが多くなっています。そして、河口部付近では、船舶の航路の確保のために行われることが多くなっています。

しゅんせつ工事は河川などの治水や航路の安全確保などに欠かせない工事です。

 

工事の例示

しゅんせつ工事

だけです。

 

他の工事との境界線

特になしです!

 

しゅんせつ工事の専任技術者になるには

1.資格者

(ピンク色で記載している資格は特定の専任技術者になれます)

1級土木施工管理技士

2級土木施工管理技士(土木)

技術士 建設 総合技術監理(建設)

技術士 建設「鋼構造及びコンクリート」総合技術監理「鋼構造及びコンクリート」

技術士 水産「水産土木」総合技術監理「水産土木」

2.土木工学、機械工学に関する学科を卒業している実務経験者

大卒+ 実務経験3年以上

高卒+ 実務経験5年以上

3.10年以上の実務経験者

※しゅんせつ工事の特定の専任技術者の要件は、1のピンク色の資格者 or  2又は3の要件を満たし、かつ元請として4,500万円以上の工事について2年以上指導監督的な実務経験を有する者です。

 

板金工事業  

板金工事業とは、金属薄板等を加工して工作物に取付け、又は工作物に金属製等の付属物を取付ける工事をいいます。

具体的には、「板金加工取付け工事、建築板金工事」のことで、「建築板金工事」とは、建築物の内外装として板金をはり付ける工事を言い、建築物の外壁へのカラー鉄板貼付け工事や厨房の天井へのステンレス板貼付け工事なども行います。

そして、室内において台所などの水回りにステンレスを貼ったりする工事も板金工事となっています。

「板金屋根工事」は、許可業種の分類において板金工事ではなく屋根工事となります。

 

工事の例示

板金加工取付け工事、建築板金工事、カラー鉄板貼付け工事、ステンレス板貼付け工事など

 

他の工事との境界線

「建築板金工事」とは、建築物の内外装として板金をはり付ける工事をいい、具体的には建築物の外壁へのカラー鉄板張付け工事や厨房の天井へのステンレス板張付け工事等である。
「瓦」、「スレート」及び「金属薄板」については、屋根をふく材料の別を示したものにすぎず、また、これら以外の材料による屋根ふき工事も多いことから、これらを包括して「屋根ふき工事」とする。したがって板金屋根工事も『板金工事』ではなく『屋根工事』に該当する。

 

板金工事業の専任技術者になるには

1.資格者

(ピンク色で記載している資格は特定の専任技術者になれます)

1級建築施工管理技士

2級建築施工管理技士(仕上げ)

職業能力開発促進法による技能検定のうち検定職種の1級工場板金もしくは1級建築板金に合格した人

職業能力開発促進法による技能検定のうち検定職種を2級工場板金もしくは2級建築板金に合格+3年以上の実務経験ある人

平成 16年4月1日時点で旧技能検定のうち検定職種を1級の板金、工場板金、建築板金、打出し板金又は板金工とするものに合格していた者

平成 16年4月1日時点で旧技能検定のうち検定職種を2級の板金、工場板金、建築板金、打出し板金又は板金工とするものに合格していた者であってその後板金工事に関し1年以上実務の経験を有するもの

2.建築学・機械工学に関する学科を卒業している板金工事の実務経験者

大学卒業で板金工事の実務経験3年以上

高度専門士又は専門士(専門学校卒業)で板金工事の実務経験が3年以上

高校卒業で板金工事の実務経験5年以上

専門学校(専修学校専門課程)卒業で板金工事の実務経験が5年以上

3.10年以上の板金工事の実務経験者

板金工事について技術上の実務経験が通算で10年以上ある(資格・学歴は不要です)

※板金工事業の特定の専任技術者の要件は、1のピンク色の資格者 or 2又は3の要件を満たし、かつ元請として4,500万円以上の工事について2年以上指導監督的な実務経験を有する者 です。