行政書士船場事務所

0662240886
営業時間9:00- 18:00 土日祝休み

建設業許可の29種類の業種⑦ 鉄筋工事業・舗装工事業

column
船場事務所 » コラム » 各種建設業許可申請 » 建設業許可の29種類の業種⑦ 鉄筋工事業・舗装工事業

建設業許可の29種類の業種⑦ 鉄筋工事業・舗装工事業

2020年12月22日
建設業許可の29種類の業種⑦ 鉄筋工事業・舗装工事業

 

鉄筋工事業

 

鉄筋工事業とは、棒鋼等の鋼材を加工し、接合し、または組立てる工事をいいます。

建設現場でよく見る直径数cm程度の棒状の鉄があると思いますが、あれが鉄筋です。

 

工事の例示

 

鉄筋加工組立て工事、鉄筋継手工事、ガス圧接工事

 

鉄筋加工組立て工事は、鉄筋の配筋と組立てをする工事です。
鉄筋継手工事は、配筋された鉄筋を接合するもので、ガス圧接継手・溶接継手・機械式継手などにより接合する工事です。

 

他の工事との境界線

 

鉄筋工事は他の工事との区分で問題となるようなこと特にありません。

 

鉄筋工事業の専任技術者になるには

 

1.資格者

※ピンク色で記載している資格は特定の専任技術者になれます

1級建築施工管理技士

2級建築施工管理技士(躯体)

技能検定1級『鉄筋組立て・鉄筋施工(選択科目「鉄筋施工図作成作業」及び「鉄筋組立て作業」)』

技能検定2級『鉄筋組立て・鉄筋施工(選択科目「鉄筋施工図作成作業」及び「鉄筋組立て作業」)』+合格後3年以上の実務経験

平成16年4月1日時点で旧技能検定で1級の下記のどれかに合格
→鉄筋組立て・鉄筋施工(選択科目「鉄筋施工図作成作業」及び「鉄筋組立て作業」)

平成16年4月1日時点で旧技能検定で2級の下記のどれかに合格+実務経験1年以上
→鉄筋組立て・鉄筋施工(選択科目「鉄筋施工図作成作業」及び「鉄筋組立て作業」)

 

2 .建築学・土木工学・機械工学に関する学科を卒業している鉄筋工事の実務経験者
(建設業法第七条第二号イ該当)

大学卒業で鉄筋工事の実務経験3年以上

高度専門士又は専門士(専門学校卒業)で鉄筋工事の実務経験が3年以上

高校卒業で鉄筋工事の実務経験5年以上

専門学校(専修学校専門課程)卒業で鉄筋工事の実務経験が5年以上

 

3 .鉄筋工事の実務経験が10年以上ある者
(建設業法第七条第二号ロ該当)

鉄筋工事について技術上の実務経験が通算で10年以上ある(資格・学歴は不要です)

 

特定の専任技術者になるには、1の特定の専任技術者になれる資格を持っている or 1.2.3のいずれかに該当し、かつ元請として4,500万円以上の工事について2年以上指導監督的な実務経験のいずれかが必要になります。

 

 

舗装工事業

 

舗装工事業は、道路や運動場などの地盤面をアスファルト、コンクリート、砂、砂利、砕石などにより舗装する工事、人工芝張付け工事(地盤面をコンクリート等で舗装した上に人工芝を張付ける場合)のことをいいます。

 

工事の例示

 

アスファルト舗装工事、コンクリート舗装工事、ブロック舗装工事、路盤築造工事

 

その名の通り、地面をアスファルトやコンクリートで舗装する工事ですね。

道路工事等で舗装工事と併せて施工されることが多いガードレール設置工事は、とび・土工・コンクリート工事に該当します。
舗装工事業は、専任技術者となれる資格がとび・土工・コンクリート業と重複しているものが多く、工事での関連も高いため、とび・土工・コンクリート業の許可と併せて取得するケースが多いです。

 

他の工事との境界線

 

国土交通省のガイドラインからの抜粋です。

◯舗装工事と併せて施工されることが多いガードレール設置工事については、工事の種類としては『舗装工事』ではなく『とび・土工・コンクリート工事』に該当する。

◯人工芝張付け工事については、地盤面をコンクリート等で舗装した上にはり付けるものは『舗装工事』に該当する。

 

 

舗装工事業の専任技術者になるには

 

1.資格者

(ピンク色で記載している資格は特定の専任技術者になれます)

1級建設機械施工技士

2級建設機械施工技士(第1種~第6種)

1級土木施工管理技士

2級土木施工管理技士(土木)

技術士:建設・総合技術監理(建設)

技術士:建設「鋼構造及びコンクリート」、総合技術監理(建設「鋼構造物及びコンクリート」)

 

2 .土木工学、都市工学、衛生工学、交通工学に関する学科を卒業している実務経験者

大学卒業で舗装工事の実務経験3年以上

高度専門士又は専門士(専門学校卒業)で舗装工事の実務経験が3年以上

高校卒業で舗装工事の実務経験5年以上

専門学校(専修学校専門課程)卒業で舗装工事の実務経験が5年以上

 

3 .舗装工事の実務経験が10年以上

舗装工事について技術上の実務経験が通算で10年以上(資格・学歴は不要です)

 

※舗装工事業の特定の専任技術者の要件は、1のピンク色の資格者のみです。

 

行政書士船場事務所